最新ガジェット情報

お買い得なスマホ・タブレット・家電の最新レビューと限定セール情報

【ワイヤレス充電の仕組みはなんですか?】ワイヤレス充電について知るべきのすべて

  登場から何年の経った今、ワイヤレス充電技術がついにiPhoneにやってきました。その後、フラッグシップスマホの基本機能またアピール点として、いろんなスマホメーカーにもワイヤレス充電をサポートする機種を発表された。その代表的の機種は、昨年登場したiPhone 8/8s/X、サムソンからのnoteシリーズのnote 5/6/7/8とSシリーズの多数。

 

  では、ワイヤレス充電っていったいドンたモノなんでしょうか?他の充電より優れているんでしょうか?ワイヤレス充電について知っておくべきことのすべて、今紹介にします。

 

ワイヤレス充電技術の仕組み

  ワイヤレス(または電磁誘導式)充電のカギは電磁場、つまりエネルギーをある場所(充電パッド)から別の場所(スマートフォン)へ、電磁誘導の魔法で伝送する方法にあります。

 

  ざっくりいうと、上図のようにふたつのコイルがあって、ひとつはエネルギーをワイヤレスで伝わる電磁場へと変換するため、もうひとつはその場をエネルギーへと変換するためにあります。このふたつのコイルが、変圧器の役割を果たします。

   

 

 

  電磁誘導方式だけでなく、磁界共振方式にもある。電磁誘導方式とそんなに大きくは変わらないんですが、より離れた場所の端末を充電でき、ひとつの充電器で複数の端末を充電するとき便利です。対応する素材の種類も多く、本体が厚い端末でも大丈夫です。

 

  基礎知識は以上ですが、あとはスマホと充電パッドそれぞれの対応出力は要チェックです。ワイヤレス充電のスピードは、スマートフォンと充電パッドの出力の遅い(数字が小さい)方に引っ張られるし、一般的に有線での充電よりも時間がかかります。とはいえ、こうしたスペックはつねに改善しつつあり、技術はより効率よくなっていくし、必要な部品の価格も下がっていってます。

 

ワイヤレス充電の規格

  ワイヤレスはテクノロジーである以上いつかの規格があり、そしてもちろん、それぞれの間には互換性がありません。

 

  その中にはもっとも有名な規格は、スマホによく採用している「Qi」(「チー」と呼ぶ)です。Qi(チー)とは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格である。現在、携帯電話やスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向け規格のみ策定されている。

 

  もうひとつ大きいのはAirFuelで、これはAlliance for Wireless PowerとPower Matters Allianceのパートナーシップでできたものです。Qiもそうなんですが、この規格では電磁誘導方式と磁界共振方式両方をサポートしていて、ただその実装の仕方がそれぞれちょっと違います。なのでこれらふたつの規格はお互いに互換性がない、つまりQi対応の電話をAirFuel対応のパッドでは充電できないということです。

 

ワイヤレス充電器の選び方

1.置き方で選ぶ

  ワイヤレスには、ほぼスマホを充電器に立てかけて充電するスタンドタイプと、上にスマホを置いてパッドタイプの2種類があります。
  特に差別がないけど、スタンドタイプの置き場所がパッドタイプより小さくて、充電中でも通知を確認できる点はメリットだと思う。

2.コイル数で選ぶ

  上記されたように、ワイヤレス充電器にはコイルが内蔵されている。そのコイル数にも違いがあります。数が多い方がスマホをしっかりと感知して充電することが可能です。それに対して、コイル数が少ない充電器はスマホ置く位置が少しずれていたら充電とされないことが起こることもあります。

 

3.出力で選ぶ

  ワイヤレス充電器は有線と比べて効率が悪く、充電に要する時間は長くなります。だから、なるベル大きい出力の充電器を選んでほうが良い。購入する時には必ずこの点も確認しておくのは賢いです。

 

Qi規格のスマホ用ワイヤレス充電器の人気三選

1.ROCK W3スタンド式ワイヤレス充電器

  コイルを二つ内蔵しているので、端末をどの向きに置いても充電可能なワイヤレス充電器。ビデオを見ているまま充電することが可能。
  充電中は正面のLEDランプが青いと点灯し、他の金属をそのに置くときランプは赤くなって、充電が完了したら消灯します。最大出力は10Wとなります。

 

2.BlitzWolf BW-FWC4パッド式ワイヤレス充電器

  高質充電ワイヤのメーカーとして定評のある「BlitzWolf」の最新な第四代ワイヤレス充電器です。直径約90mmとコンパクトな円形で、厚みは11mmしかない。デザインも洗練と見るので、デスクに置いたままでも邪魔になりません。最大出力は10Wとなります。

 

3.Baseus超薄透明パッド式ワイヤレス充電器

  高級感ぶれのシースルーデザインで目線をそらす。厚みはわずか5mmほどしかない薄型のBaseusワイヤレス充電器。Qi規格に対応し、iPhone 8はもちろんiPhone 8 plusやiPhone Xにも使える。最大出力は10Wとなります。

 

ひとこと

  一度体験したら、その使い勝手のよさでやめられなくなるワイヤレス充電器。毎日の充電でスマホの挿し込み口が劣化する心配もありません。また、お手持ちのスマートフォンがQi規格に対応していなくても、別売りの充電カードをセットすれば充電ができます。ぜひ快適なワイヤレス充電を体験してみてください。

 

 

 

「スマホゲームパッド」について知るべきことすべて

  PCゲームよりもっと自由に楽しめるスマホアプリ・スマホゲーム。それをがっつり楽しみたい時に活躍するのはスマホゲームパッド、akaスマホ用コントローラー。自宅だけでなく、移動中や外出先でも、スマホ一台でゲーム世界に沈むことができる。

 

  では今回、人気のスマホコントローラーをタイプ別に分けて、自分に適切なスマホゲームパッドを選べるように、それについて知るべきことのすべてをご紹介します。

 

スマホコントローラーの選び方のポイント

1.「ゲームの種類」と「使用シーン」でタイプを決める

  スマートフォン用コントローラーは、大きく「有線」と「無線」の2タイプに分けられます。

 

  有線タイプはスマホのmicro USB端子やLighting端子を直接接続するため、操作のレスポンスが早いのが特徴です。ワイヤレスではないから、外出なら不便感が高いだが、アクション・格闘・シューティングなどのスピード感があるゲームを好んでプレイする方や、周りの目を気にせず家でプレイしたい方に選んでもらいたいのが、有線タイプのコントローラーが最適。

 

  通勤道また外出先でもコントローラーでゲームを楽しみたい方は、Bluetooth接続の無線タイプをおすすめ。

 

  ちなみに、AndroidiPhoneによって対応サイズや対応OSが異なる場合もありますので、手持ちのスマホに対応しているか忘れずにチェックしておきましょう。

 

2.多様なコントローラー種類

  最近に大ヒートになった荒野行動また同じタイプのPUBGゲームに使える簡易式コントローラーが大人気です。

       

 

  スマホをぴったり挟み込めるコントローラーが欲しいなら、やはりiPhoneのほうが有利です。Appleの認証品は少ないですが、多数のスマホでもしっかりと合致するのタイプを選んでおけば絶対間違いありません。Androidの場合はぴったりと合う商品がほぼありませんので、コントローラーと一緒にスマホスタンドを使い、キッチリ固定さタイプも多い。

 

3.一つだけおすすめなら、Gamesir G5だ

  Gamesir新型ゲームパッドGamesir G5」です。Gamesir G5の初登場は年初のCES 2018大会で、一般的なゲームパッドと違う、4ボタンが並んでいるところに、異端と見ってもある円形な「タッチスクリーン」が備えていて、目線を集めた。

 

  横持ちのスマホゲームをしていると同じ、たとえば大ヒートになっている「荒野行動」などは、普通のゲームパッドが使うなら左手の親指で移動し、右手の親指でエームするような操作になるわけが、Gamesir G5なら、左手がアナログスディックを操作しながら、右手を簡単にタッチパッドでエームすることができ、スマートフォンと同等の操作を行える。

 

  また、その円形なタッチパッドには「A/B/X/Y」ボタン機能も埋め込んであり、エーム操作しつつボタン操作を行うこともできる。スマートフォン操作に慣れているゲームプレーイアには大好評がもらえるかも。

 

  北米市場では2018年2月発売予定で,メーカー想定売価は69.99ドル(税別)。日本での展開については未定だそうだが,中華通販サイトには商品ページができていて、気に入るならさっそくチェック。

「mi band 2」から大進化した!格安スマートバンド「xiaomi mi band 3」が公式発表!

  5月31日、八周年の記念のため発表されたxiaomi mi 8スマホのとともに、前年にはグローバルに大人気となった「mi band 2」の新モデル「xiaomi mi band 3」も中国で発表しました。

 

  今回の「xiaomi mi band 3」は前代のmi band 2より、確かに大進化と言ってもいい。最も注目すべきのはディスプレイはOLED素材を採用、前代の0.42インチから0.78インチに拡大しており、時刻や通知などの情報がより大きく表示されるので見やすくなっています。タッチスクリーム機能もサポート。

     

 

  また、バッテリー容量は70mAhから110mAhまでに増え、スクリームが拡大したが、連続使用時間は前代と同じく20日となった。防水機能は5ATMとなって、ダイブとサウナには適しないだが、水下50mの防水レベルので、プールに水泳には大丈夫。

 

  他には、目線にそらすのは「運動副表示機能」です。運動中に心率や歩数などのデータを実時的にチェックしたいなら、簡単に腕を上げたら表示ができます。スマホを取り出し必要もないし、運動に集中することができて、大便利な機能だと思う。

 

  カラーはバリエーションはレッド、ブラック、ブルーの3色で、標準版の価格は169元(約2900円)。今回はNFC機能をサポートするバージョンも用意して、価格は199元(約3400円)で、6月5日から中国で公式発売予定。海外発売計画はまだわかっていません。ちなみに、海外通販サイトにはもう商品ページができて、気に入るならさっそくチェック。